アウディ(Audi)初の量産EVを発表

2018年9月18日 アウディ(Audi)は、初の量産型EV(電気自動車)「アウディ e-tron」をロサンゼルスで発表しました。

アウディ Audi e-tron

初の電気自動車はSUV。
小型のA1や欠番のA2での展開もあったのではないかとも思いますが、SUVですよ!

まず注目は、EVの宿命ともいえる「航続距離」はどうでしょう?
回生システムと相まって、400km以上の航続を実現しています。

400kmあれば、デイリーユースには問題ないでしょう。
“アウディ(Audi)初の量産EVを発表” の続きを読む

アウディ(Audi)新型A8を発売

アウディジャパンは、2018年9月、フラッグシップサルーン「アウディA8」を国内発表しました。

アウディ Audi A8
アウディジャパンから引用

新型アウディA8、8年ぶりのモデルチェンジだそうです。
派手さはないのですが、存在感と「イイモノ」感がすごいです。

詳しくはアウディジャパン公式サイトで確認いただくとして、目玉を見ていきましょうか!
“アウディ(Audi)新型A8を発売” の続きを読む

アウディ(Audi)鈴鹿10H耐久で表彰台

アウディ Audi R8 LMS
画像はアウディジャパンから引用

2018年8月26日に行われた「鈴鹿10時間耐久」において、アウディ(Audi)R8LMSが3位表彰台を獲得しました。
このレースは、インターコンチネンタルGTチャレンジシの2018年シリーズとして行われたもので、アウディR8LMSは、オーストラリアの「バサースト」、ベルギーの「スパフランコルシャン」に続いて3回目の表彰台。
“アウディ(Audi)鈴鹿10H耐久で表彰台” の続きを読む

アウディ(Audi)DTM参戦の行方

アウディ(Audi)は、DTM(ドイツ ツーリングカー選手権)2019年シーズンにういて、参戦する意向を表明しました。

しかし、2020年以降については、最低3メーカーの参戦が条件だとしています。
現在のDTMは、アウディ、BMW、ベンツの3社が参戦中ですが、ベンツは今季2018年をもって撤退。
2019年はアウディとBMWの2メーカーになります。

“アウディ(Audi)DTM参戦の行方” の続きを読む

アウディ(Audi)最強のSUV「RS Q8」

Audi アウディ RS Q8
Response

アウディ(Audi)史上最強のSUV「アウディRS Q8」がドイツ、ニュルブルクリンクでスクープされました。

プレミアムブランドにSUVラインナップを確立したのは、アウディではなかったでしょうか。
Qシリーズとして、今やQ2,Q3,Q5,Q7,Q8をラインナップ。
最近ではランボルギーニやジャガー、ベントレーなんかもSUVを投入していますよね。
“アウディ(Audi)最強のSUV「RS Q8」” の続きを読む

アウディ(Audi)スーパーEVを発表

アウディ Audi PB18e-tron
Response

2018年8月、アウディ(Audi)がモンスターEV「PB18e-tron」を発表しました!

すごいですねぇ ごついですねぇ
これまでのアウディのデザインスタディからは想像できないほどダイナミックです。

「PB18」とは、このモデルが発表されたアメリカはカリフォルニア州にある「ペブルビーチ」のPBに、2018年の18を冠したものなんだそうです。
ル・マンで大暴れしたアウディR-18e-tronとは違いました。

さてさて、そのパフォーマンスや如何に!
“アウディ(Audi)スーパーEVを発表” の続きを読む

アウディ(Audi)新型SUV「アウディQ8」を発表

アウディ Audi Q8 ハイブリッド

2018年8月20日、アウディ(Audi)は新型SUV「アウディQ8」を発表しました。

Responseさんの記事に写真も掲載されています。

 → Response

いよいよトップエンド、Qシリーズの「8」が登場!
QシリーズはSUVのラインナップ。これまではQ7まででしたが、ついにその上がお出ましです。
“アウディ(Audi)新型SUV「アウディQ8」を発表” の続きを読む

アウディ(Audi)いよいよSUV市販EV

アウディ Audi EV 市販
Response

Response誌からの情報です。

いよいよアウディ(Audi)からクロスオーバーEVの登場です。
上の画像は最新のレンダリングCGなので、本物ではありません。

これまでのQシリーズのデザインテイストとは少し異なって、ちょっとワイルドになっている感じですかね。
“アウディ(Audi)いよいよSUV市販EV” の続きを読む

Respocse アウディS5スポーツバック レビュー

アウディ Audi A5 試乗

Response誌にアウディS5スポーツバックの試乗レポートが掲載されました。

 >> 【アウディ S5スポーツバック 新型試乗】913万円という価格も、その完成度に納得

アウディS5スポーツバック、いいですねえ。

カッコイイという言葉では表現しきれない、何でしょうね・・・

そもそも5ドアクーペという競合相手のいないジャンルですから、独特の存在感を感じるのかもしれません。
“Respocse アウディS5スポーツバック レビュー” の続きを読む

アウディRS3でモンスターたちに挑む

アウディRS3で並み居るモンスターたちにゾロヨン勝負!

兄貴分アウディR8、ポルシェパナメーラ、ランボルギーニアヴェンタドール、メルセデスベンツなどなど横綱クラスに小兵関脇RS3が奮闘するビデオ。

「上役を滅多切り」というわけにはいかないようで、アヴェンタドールには完全に置いて行かれてますw
でもでもコストパフォーマンスは上々ですよね。

アウディRS3だって、一般的には「モンスター」なのですから。

アウディ(Audi)A4 A5からマニュアルを廃止

アウディ Audi A4 A5 マニュアル
MotorAuthority

MotorAuthority誌では、アウディ(Audi)は2019年モデルのA4、A5からマニュアルトランスミッションを全面廃止するだろうと報じています。

日本では、すでにマニュアルはチョイスできなくなっていますが、完全にマニュアルが無くなってしまうのは寂しく感じます。

確かに、Sトロニックは素晴らしいトランスミッションですが、ハイテク時代だからこそマニュアルの楽しさを味わえることが贅沢ではないかと。

「駆け抜ける喜び」を謳うBMWですらマニュアルと決別したのですから、時代なのですかね。

私が乗ってきた中で、ホンダライフ、AE86レビン、MG-B、カプチーノの4台はマニュアルトランスミッションでした。
トルコンでは得られないダイレクト感に浸りながら、自分の意思でギアをチョイスし、無意味なヒール&トゥを決める。
レブリミット付近でも勝手にシフトアップしたりしません。美味しい回転域をたっぷり楽しむことができます。
だから、パワーが無くても楽しめるんですよ。

なんともイカシタ相棒たちでした。